Webマーケティングの仕事内容|求められる能力や活かせる経験と合わせて解説

2023.5.31  カテゴリ:転職ノウハウ

監修者プロフィール画像
SUPERVISOR
寺田 勝人
【プロフィール】 1998年同志社大学法学部卒業後、リクルート入社。8年間、人材紹介事業に従事。6年はITベンチャーへの人材紹介、2年はエグゼクティブサーチを担当。クライアントであった出前館に営業責任者として転職。執行役員として在籍時に上場を経験。2010年の独立。2012年よりec通販業界専門の人材紹介事業をスタート。ec、通販業界の転職支援を専門に行っており、ec、通販業界でのキャリアアップ支援、転職支援について多数の実績あり。 【URL】 https://newstar.jp/

インターネットを利用する人は増加し続けており、Webマーケティング業界は市場規模が拡大傾向にあります。この記事では、Webマーケティングに興味がある人に向けて、Webマーケティングの仕事内容や求められるスキル、活かせる経験などを解説します。Webマーケティングに向く人・向かない人の特徴も解説するため、ぜひ参考にしてください。

〇目次

・Webマーケティングとは

・Webマーケティングの仕事内容

・Webマーケティングに求められるスキル

・Webマーケティングに活かせる経験

・Webマーケティングに向く人・向かない人

・まとめ

Webマーケティングとは

マーケティングとは、製品やサービスなどをより多くの人に利用してもらえるように施策を打ったり仕組みを作ったりすることです。Webマーケティングはその名のとおり、Webを活用したマーケティングです。

Webを活用して施策ごとの顧客の動きを定量的に把握できるという特徴があります。また、顧客に関するデータが得られるため、細かく分けて分析できます。顧客のニーズに合わせて施策の内容を柔軟に変更できたり、それぞれの顧客に合わせた効率的な施策を打てたりすることも大きな特徴です。

ECやWebでのサービスが企業にとって必要不可欠となっている現在、
スマートフォンやSNSの普及などの追い風もあり、Webマーケティングはどんどん重要性が高まっております。

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングでは、実際にどのような仕事を行うのでしょうか。ここでは、具体的な仕事内容を解説します。

Webコンテンツの企画・立案をする

Webマーケティングを行う際には、Webコンテンツが欠かせません。目的を達成するにはどのようなコンテンツが必要か、最適なコンテンツが何かを検討し、企画を立ち上げることは重要な仕事の1つです。Webコンテンツを制作した後は、コンテンツにユーザーを呼び込むために必要な施策を実施する必要もあります。

Webサイトを運営する

Webサイトの運営もWebマーケティングの仕事です。Webサイト運営は専門的な知識が必要なケースもあるため、Webマーケティングの領域に含めないケースもあります。しかし、通常のWebサイト運営ができたほうがよいでしょう。

SEO対策をする

SEOとは「Search Engine Optimization」を略したもので、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。SEOとは、特定のキーワードを検索サイトなどで検索した際に、検索上位に表示されるような対策を取ることです。検索上位に表示されることで、ユーザーの流入数を増やして自社製品やサービスを多くの人に伝えられます。

SEO対策では、上位表示させたいキーワードを選んで、そのキーワードを含めながらユーザーにとって有益で質の高いコンテンツを作ることが重要です。

Web広告を運用する

Web広告とは、主にリスティング広告のことを指します。リスティング広告とは、テキスト形式の広告で、ユーザーが検索したキーワードに応じた内容の広告が表示されます。クリックされた際に費用が発生する仕組みとなっており、予算が自由に設定できるため、予算があまりない場合でも広告出稿が可能です。

ただし、広告が表示されるだけでは購買につながらないため、アクセスから購入までの流れを考えて広告やコンテンツを作成する必要があります。

SNSを運用・管理する

現代では、SNSが広く普及しておりTwitterやFacebook、Instagramなどで情報収集をする人が多くなっています。自社サービスの拡散や認知度向上につながるため、WebマーケティングにおいてもSNS運用は欠かせません。

情報を発信するだけではなく、ユーザーとコミュニケーションが取れるため自社のファン獲得も見込めます。SNSによってユーザー層は異なるため、ターゲットや目的などを明確にして、適切なSNSを選択することが重要です。

メールマガジンを配信する

メールマガジンはメルマガとも呼ばれており、顧客に対してセール情報や新商品情報などを記載したメールを配信し、購買などにつなげる役割があります。登録者が多く定期的な配信ができるため、集客効果が見込めます。購読率向上のために配信する時間帯を考慮する、登録者数増加や解除率低下を目指すために登録者のみの特典をつけるなどの施策が必要です。

アクセス解析を実施する

自社サイトのアクセス解析を実施することもWebマーケティングの仕事です。アクセス解析を参考にWebサイトを改善し、CV(Conversion)率を向上させることが求められます。

CV率とは、Webサイトの成果を達成した割合のことです。Webサイトによって目的は異なりますが、購入や会員登録、資料請求などにつながった割合を指します。たとえば、離脱率が高いページがあった場合は問題点を洗い出して改善策を実施し、実際にCV率向上につながったかを確認します。

Webマーケティングに求められるスキル

Webマーケティングではどのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは、Webマーケティングに必要なスキルを解説します。

Webサイトの構築スキル

Webサイトの解析や改善を実施するために、Webサイトの構築スキルが必要です。たとえば、プログラミング言語やセキュリティ関連の知識、Webの特性やWebライティング、Webデザインの制作フォローといった基礎的な知識が求められます。実際にWebサイトを構築できるスキルがあるのが理想です。

データ収集・分析スキル

Webマーケティングでは、Webサイトの課題や改善点を見つけるために、さまざまなデータを収集・分析する必要があります。そのため、膨大なデータのなかから必要な情報だけを抽出したり、分析したりするスキルが求められます。必要な情報を集めて正確な分析をし、Webサイトを改善することで売上向上やCV率向上につなげなければいけません。

マーケティング関連の知識

マーケティングの知識も欠かせません。マーケティングに関する基礎的な用語、たとえばペルソナやCV、CTRなどは最低限理解しておく必要があります。Webマーケティングに携わりたい場合は、事前に基本的なマーケティング用語や知識を押さえておきましょう。

コミュニケーションスキル

Webマーケティングの仕事は、チームで進めるケースが多いです。チームメンバー以外にも、クライアントやWebライター、Webデザイナーなどとのやり取りが必要となるため、コミュニケーション能力が求められます。コミュニケーションが円滑に取れないと、意思疎通がうまくいかずトラブルにつながることもあるため、コミュニケーションスキルは必須です。

論理的な思考力

Webマーケティングでは、データや数値などをもとにして考えられる論理的思考力が重要です。経験や勘といった感覚的なものではなく、データをもとにした根拠ある判断が求められます。また、施策の立案やターゲット選定、分析などにも論理的思考力が必要です。

施策の提案力

Webマーケティングは分析するだけでなく、得られた結果を施策に反映して実行することが重要です。分析結果により導き出された施策をクライアントに提案し、納得を得たうえで実行、その結果を分析に活かすという流れになるため、提案力は欠かせません。

マネジメント力

Webマーケティングは、基本的にチームで行います。そのため、チームをまとめるためのマネジメント力が必要です。たとえば、仕事内容の説明や業務の割り振り、スケジュール調整などWebマーケティングの仕事は数多くあります。マネジメントスキルを有することで、効率的に全体をまとめられるため、各自が能力を発揮しやすくなります。

Webマーケティングに活かせる経験

マーケティングでは、「製品戦略(Product)」「宣伝広告コミュニケーション(Promotion)」「価格(Price)」「流通(Place)」の4Pと呼ばれるものが基本です。Webマーケティングもマーケティングの1種のため、基本的なマーケティング知識があると活用できるでしょう。また、Web関連の知識やコミュニケーションスキル、数字を見る力も役立ちます。

Webマーケティングに向く人・向かない人

ここでは、Webマーケティングに向く人と向かない人の特徴を解説します。

Webマーケティングに向いている人

Webマーケティングに必要なスキルは多岐にわたるため、学習意欲が高く新しい知識や情報を学ぶのが苦ではない人、柔軟性がある人が向いています。また、分析も重要な仕事のため数字と向き合って分析するのが好きな人や、変化に敏感に対応できる人にもおすすめです。

Webマーケティングに向いていない人

Webマーケティングは、数字をもとに論理的な判断を下す必要があるため、数字や分析が苦手な人には不向きです。また、常に新しい情報に触れて順応する必要があるため、新しい施策を考えるのが苦手な人や柔軟性が低い人にも向いていません。

まとめ

Webマーケティングとは、Webを活用してマーケティングを行うことです。Webマーケティングに求められるスキルは、Webサイト構築スキルから分析スキル、コミュニケーション能力と多岐にわたります。そのため、学習意欲が高く柔軟性のある人に向いています。

EC通販求人転職エージェントは、通販に特化した豊富な求人数と質の高い独自案件を多数保有しています。業界に精通したエージェントによるサポートが受けられ、1次選考通過率も80%を超えています。Webマーケティングへの転職をお考えなら、お気軽にご相談ください。

転職相談する

著者プロフィール画像
この記事の担当
伊藤 梢
株式会社ニュースター
SEOコンテンツマーケッター
87年生まれ。明治大学卒業後、D2Cを中心としたEC・通販会社のマーケティング支援会社に入社。 2016年フードデリバリー企業に転職し、マーケティング部リーダーを勤める。 結婚、出産を経て2022年4月より株式会社ニュースターSEOコンテンツマーケッター 。

転職サポートに登録


カテゴリから求人を探す
Search from category


EC&通販業界に精通した
転職コンサルタントが、
あなたに最適な求人を探します。

EC・通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介。
業界内での市場価値も分かります。今すぐ転職、いつかは転職。

業界内での市場価値を知りたい方もまずは、無料でご相談ください。

たった1分!無料登録する

今すぐ無料相談

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介!お気軽にご相談下さい。

たった1分!無料登録する

無料登録は
こちらから