不景気で転職は売り手市場から買い手市場へ

2020.4.4  カテゴリ:転職ノウハウ

コロナウイルスの終息の見通しが立ってない現在、じわじわと不景気の影が忍び寄ってきています。
諸外国でも1000人規模のレイオフが実施され、リーマンショックを超える数の失業者が出ている状況です。また日本でも内定取り消しや派遣切りなど、影響は出始めており今後も業績によってはボーナスの減少や業績による解雇、そして企業自体の倒産など大きな影響が出てくるかもしれません。

「売り手市場」から「買い手市場」へ

去年末までは転職や就職市場では「売り手市場」ということばがよく使用されていました。これは、人手不足により就職する側・転職する側の求職者に対して豊富な求人数がある状態のことで、求職者にとっては広き門となり求人を吟味して選択できるというメリットがありました。

しかしこの流れが大きく変わろうとしています。
不景気になると企業が採用人数自体を大幅に縮小したり、教育にかかるコストをかけられず即戦力の経験者の採用を重視するようになります。それにより転職や就職市場は「買い手市場」となります。これまで求職者側が余裕を持った仕事選びを行えていましたが、「買い手市場」への転換により今後は企業側が求職者を吟味・選別することになります。
「買い手市場」の就職・転職では、求人の母体数自体の減少、条件の良い求人の競争率が激化、教育コストがかかる未経験者の採用は敬遠と転職側にとっては難しい転職活動が待っていることとなります。

「買い手市場」における転職活動

それでは「買い手市場」における転職活動はどのように乗り切ればよいのでしょうか。
いま全くの未経験の業種に転職をすることはおすすめしません。なぜなら今後、未経験採用を行う企業が大幅に減少すると予想されるからです。
コロナウイルス蔓延により、先行きが見えにくい企業にとって人の採用は大きな固定費となって経費を圧迫します。そういう状況においては、教育コストをかけずに戦力となってくれる経験者の採用が優先されます。即戦力となれる経験を持っている方は、この状況下でも有利に転職活動を行うことが出来ます。今勤務している会社に不満がある、ステップアップしたいと考えている方は、情報収集のために転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

経験が少なくても転職をしたいと考えている方には、同じ業界への転職をおすすめします。
同じ業界や同じ商材を扱う企業であれば、業界に対する知識や経験を活かすことが出来るので、採用側の企業からも評価されるでしょう。

通販・EC企業における転職状況

コロナウイルスにより深刻な影響が出ている業界と、逆に伸びている業界があります。伸びている業界の1つが通販・ECです。
コロナウイルスの感染が広まってから一斉休校やテレワークの推進などで巣ごもり消費やおうち消費といった、外出せずに在宅で利用できるサービスの活用が進んでいます。これらのサービス提供をする企業は、需要が伸びるため採用活動も活発に行われる可能性が高いです。

関連記事:不況に強い業界とは?転職するならEC・通販業界

通販・EC企業における転職状況は、未経験よりも経験者の採用を優先する流れはありますが、全体的な採用数に大きな変化はありません。
今後も世の中の需要が増すことを考慮すると、大きな減少や採用ストップの影響は受けにくいと考えられます。

通販業界の転職を専門に扱っている当社では、通販・EC企業と直接コミュニケーションを取り、随時最新の情報を仕入れております。特に弊社は転職エージェントが直接企業に足を運び、会社の雰囲気や企業の採用担当者と面談を行っておりますので企業についてのリアルな情報を得ています。どのような人材が求められていて、どのような経験を活かすことができるのかといったマッチングを丁寧に行うので、書類審査の通過率や面談通過率が非常に高いことに自信を持っています。

不景気となり転職市場は厳しくなることが予想されますが、通販・EC業界で転職をご検討の方は、通販人材エージェントが全力でサポートいたしますので是非ご相談ください。

転職サポートに登録


カテゴリから求人を探す
Search from category


EC&通販業界に精通したAgentが、
あなたに最適な求人を探します。

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介。
業界内での市場価値も分かります。今すぐ転職、いつかは転職。

業界内での市場価値を知りたい方もまずは、無料でご相談ください。

転職アドバイスを受ける

今すぐ無料相談

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介!お気軽にご相談下さい。

転職サポートに登録