ECのデータ解析・データアナリスト求人

世の中がデータにあふれかえっている今、Webサイトがメインの主戦場であるECサイト/通販サイトを運営する会社では、データ解析・データアナリストの需要が非常に高くなっています。Google AnalyticsやAdobe AnalyticsからWEBアクセスデータを分析し、Web広告やメールマガジンなどどういった施策が効果的か、会社の経営戦略・事業戦略を決めるうえで重要な旗振り役となる仕事です。またWEBサイトへのアクセスだけではなく、購買動向データ分析などもCRMの施策決定において重要です。データ解析・アナリストの仕事は、分析を行うだけではなくデータを収集するためのデータ基盤構築や、データを分析した後の施策の企画や実行、PDCAを回すところまでを担当とすることが多く、幅広い知識や経験が重要となるでしょう。

データ分析・アナリストのEC求人・転職ポイント
Recommend points

データアナリストとデータサイエンティストの違いとは?

データを分析する仕事は大きく、データの分析基盤を構築するデータサイエンティストとデータから何を行うべきかを分析し、提案・実行するデータ分析アナリスト(コンサルタント)の2つに分けられます。
データサイエンティストはデータエンジニアとも呼ばれ、膨大なビッグデータを分析するため情報処理、人工知能、統計学などの情報科学系の知恵を理解し、使う力が必要とされます。
データ分析アナリスト(コンサルタント)は、収集されたデータを元に、施策の効果や具体的な解決案を提案、実行する人のことをいいます。ECサイトを運営する事業会社で募集されている多くはデータアナリストです。データから仮説を立て、施策を実行しその効果をデータから見つけ出し更に新たな施策を企画するPDCAを回し、売上を最大化していきます。

データアナリストに求められる幅広いスキルや知識

データサイエンティストはデータを処理するためにSQL,PythonやRなどの言語の実務経験や統計学などのデータ分析に関する知識が必須とされることがほとんどです。必要とされるスキルや経験が多いため、給与水準が高く設定されています。
データアナリストは、データを読み解く分析力、幅広いマーケティング知識、データ加工に必要なSQLやRの知識、仮説を立てる力など幅広いビジネススキルが必要とされます。手元のデータから仮説の検証、施策の企画などを実行するため、数字に強くロジカルな思考が好まれます。
また社内でデータ分析の結果をシェアするため、TableauやGoogleデータポータルなどのBIツールでデータをデータビジュアライズの力も必要とされます。データアナリストは幅広いマーケティングスキルが求められ、ニーズも多いため同じく給与水準が高く設定されています。

データアナリスト転職のポイント

データ分析の経験は、EC通販企業で多く募集されているWEBマーケティングやCRMなどでも活躍できるため求人数が非常に多いです。
しかし、データ分析の仕事は職種名が企業によって異なっていたり、求人によってはデータ分析の仕事をWEBマーケティングやCRMとして募集しているため職種名で探しにくいというのが難点となっています。
また、ビッグデータなどの文化が急速に発展したことで経営層や人事部門がデータアナリスト、データサイエンティストの役割や業務範囲があいまいとなっており、実際に企業が欲しい人と求人票の内容に乖離が発生していることもあります。なかなか求人票を見るだけでは、本当に企業が欲しがっているスキルや人材を見極めるのが難しいのが現状です。
通販転職エージェントでは、これらの企業のニーズや本当に欲しい人材を細かく把握しているため、企業が本当に欲しがっている人材とデータ分析の仕事に就きたい人のスキルにあった求人をご紹介します。ぜひ一度ご相談ください。


データ分析・アナリストに関するEC転職ノウハウ
Career change column


EC転職ノウハウコラム一覧

EC&通販業界に精通したAgentが、
あなたに最適な求人を探します。

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介。
業界内での市場価値も分かります。今すぐ転職、いつかは転職。

業界内での市場価値を知りたい方もまずは、無料でご相談ください。

転職アドバイスを受ける

今すぐ無料相談

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介!お気軽にご相談下さい。

転職サポートに登録