転職エージェントがキャリア面談で見ているポイントとは

2020.8.15  カテゴリ:転職ノウハウ

一昔前のキャリア形成において最も重要視されていたのは在籍年数であり、1社でどれだけ貢献をしてきたかが社会における評価基準でした。
しかし、最近では「転職」はキャリア形成において重要なものと捉えられるようになっています。それに伴って転職手法も多岐に渡っており、ハローワークや求人広告、ヘッドハンティングなど、それぞれの人材に合った転職の仕方を見つけることが可能となっています。

そんな中で、転職をしたい求職者と企業との架け橋となるマッチング事業を行っているのが人材紹介会社です。
企業からは採用の課題をヒアリングし、課題解決ができる人材を見つけて紹介する採用コンサルタントとして対応します。
また、求職者にはキャリアを活かせる会社を紹介し、内定を獲得するまでのフォローアップをするキャリアコンサルタントとして対応しす。
このように2面性を持っているのが人材紹介会社の特徴の一つでもあります。

そしてこの企業と求職者の間に立ち、仲介としてマッチング業務を行う人間を市場では「転職エージェント」と呼ぶことが多いのです。
そして、このマッチング業務を通販業界に限定して行っているのが「通販人材エージェント」です。
たくさんの求職者とお話をさせていただく中で、その方の特徴や性格をリサーチするときに注目したたポイントや質問内容をご紹介します。

エージェントが面談の中で見ているポイント

最低限の挨拶や会話が問題なくできるか

当たり前のことですが、まず一つ目は人間としての最低限の挨拶や会話が問題なくできるかというポイントです。
「そんな人間がいるのか」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、1か月に一人はそういった方とお話をする機会があります。
そういった方に多いのが、1社で長くお勤めになられていて、その会社でのご自身の立ち振る舞いを別の場所でも出されてしまっている方です。

「これだけやってきたぞ」という自信をお持ちなのは良いことですが、それはあくまで現在就業している会社での評価です。
これから働く会社ではそういった評価をさらに高めて行かなければいけないという意味でも、謙虚さに欠けている方の転職は苦戦を強いられるケースは多いのです。

転職理由に正当性があるか

二つ目に、転職理由に正当性があるかという面になります。
転職回数の少ない方であれば、そこまで気にしないこともありますが、転職回数が多い方であればあるほどこの点は非常に重要な要素の一つになります。
エージェントは転職理由に関する質問から物事がうまく進まなかったとき、他人のせいにする「他責感が強い方か」という点を見極めています。

転職を会社のせいにしている方の傾向として転職回数の多い方が多いです。
つまりエージェントの立場からすれば、もし企業に紹介をしても長く紹介先企業でご活躍いただくことは難しいのではないかという印象を持たれてしまうケースが多いです。

将来的なキャリアを描けているか

三つ目が将来的なキャリアをしっかりと描けているかという点です。
特に若い方であれば重要視をしているポイントです。転職を通して目の前の問題を解決することも大切ですが、最も大切なのはその会社で「将来的にどうなりたいのか」というビジョンを持つ事です。

紹介した企業で少しでも長く活躍をしていただくためには、やりがいが必要になります。転職エージェントの仕事は、ただ求職者の希望に合った企業を紹介するだけではなく、その方の将来的なキャリア形成の手助けにもなる必要があります。

まとめ

当然上記3つのポイントに限らず、面談の中ではそれまでの実務経験も詳しくヒアリングをさせていただいています。
ただ、エージェントにとって経験に合った企業を紹介をするのは最低限であり、クライアントが馴染みやすい社風の会社を紹介するためにも、人間性の面をしっかりと見るエージェントは多いのではないでしょうか。

転職サポートに登録


カテゴリから求人を探す
Search from category


EC&通販業界に精通したAgentが、
あなたに最適な求人を探します。

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介。
業界内での市場価値も分かります。今すぐ転職、いつかは転職。

業界内での市場価値を知りたい方もまずは、無料でご相談ください。

転職アドバイスを受ける

今すぐ無料相談

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介!お気軽にご相談下さい。

転職サポートに登録