職場で最短で即戦力になるために、知っておきたい4つのこと

2020.12.2  カテゴリ:EC&通販の転職コラム

※画像はイメージです。

会社にとっての即戦力になるには、必要な要素があります。
即戦力とは、その日からすぐに仕事ができるということを意味するのではありません。
いかに早くその仕事を覚え、職場の一員として仕事をこなせるようになるかがキーポイント、つまり「その仕事に対する適応能力の高さ」だとも言い換えることができます。
この記事では、いち早く職場に適応し、会社にとっての即戦力となるために知っておきたいことを4つご紹介します。

即戦力への弊害、「前社との壁」を乗り越えよう

入社後、多くの人の前に最初に立ちはだかる問題があります。それは前社との違いです。仕事内容はもちろん、雰囲気、社風などに最初は戸惑うことも多いはずです。
そんなときに前の会社のやり方、経験を持ち出したり、押し通すなどの行為は控えましょう。たとえ経験やスキルがあってもその会社では新人なのです。

あなたが前の会社のやり方に固執すればするほど、新しい会社で即戦力となるまでの時間は遅くなるでしょう。
まずは今の会社の社風、仕事のやり方、企業理念などを一旦受け入れましょう。あなたが理解する姿勢をもつことで、新しい仕事や人間関係への受け入れ態勢が整うはずです。

これ無くしては語れない、即戦力に必須の要素「適応力」

会社で即戦力になるために欠かせない要素の1つは「適応力の高さ」です。
柔軟な適応力があれば新しい社内への理解が深まり、今までの自分の経験を活かしたうえで、更にクオリティーの高い仕事が可能になるからです。どの職場にも仕事の一定のリズムがあり、職場の人の行動パターン、システム、社風に慣れることが大切です。
まずはそのリズムにうまく乗れるよう、人の動き、仕事の流れ、どういったタイミングで、どんな人の何の動きが発生するのか、できるだけ早く覚えましょう。

あなたがそのリズムに早く、うまく乗るほど、職場の人はあなたのことを「私たちの仕事の一員」として認識するスピードが速くなり、信頼関係が生まれます。「気が付いたら大きな戦力になっていた」この感覚は社内でのあなたの評価を上げ、社内の人の信頼をより多く集めることになるでしょう。即戦力にはこの適応力の高さが必須なのです。

即戦力は「自発性」、常に自分をアップデート

会社で即戦力になるのに必要なもう一つの能力は「自発性」です。これは自分で考え、実際に行動できる行動力。
そして、常に新しいものを取り入れ、たくさんのことを吸収しようとする意志的な行動とスポンジのような吸収力です。
これらは全て自発性からなる行動です。

そのためには、目標を持つのもよいでしょう。もしあなたが、新しい職場で何か得ようという自発性を持たず仕事をしていたら、職場の人の手間や負担は大きくなることは想像に難くないでしょう。
その結果が、即戦力のある社員か、お荷物社員かの大きな分かれ目になるのです。

即戦力になる追い風、「コミュニケーション能力」を味方につけよう

即戦力というと「今までの経験やスキルを活かせる人材」と思いがちですが、それだけではありません。社内の人間関係、または社外でのクライアントとの関係構築を円滑におこなえるコミュニケーション能力の高さも含まれています。
会社にとって、人間関係の輪を乱す存在は非常に厄介な問題なのです。

また、コミュニケーション能力の高さは、あなたが即戦力として働くための追い風にもなります。
なぜなら円滑なコミュニケーションにより信頼感が生まれ、あなたの提案にも聞く耳を持ち、話を聞いてもらうことができるからです。コミュニケーション能力は会社で即戦力として働くうえで、なくてはならない必須スキルなのです。

まとめ

この記事では、入社後の即戦力となるために念頭に入れておきたい4つのことについてお伝えしました。
入社後にぶつかる「前社との壁」「柔軟な適応力」「自発性」「コミュニケーション能力」、この4つを頭に入れておくだけで、入社後、即戦力への近道となるはずです。

転職サポートに登録


カテゴリから求人を探す
Search from category


EC&通販業界に精通したAgentが、
あなたに最適な求人を探します。

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介。
業界内での市場価値も分かります。今すぐ転職、いつかは転職。

業界内での市場価値を知りたい方もまずは、無料でご相談ください。

転職アドバイスを受ける

今すぐ無料相談

EC&通販業界のキャリアを活かせる案件のみご紹介!お気軽にご相談下さい。

転職サポートに登録