Menu
寺田勝人

人材紹介歴15年、EC通販専門として約3年。
見たり、聞いたり、話したりしたことを書いてます。

2018年7月18日 /

メルカリよりもヤフオクよりも凄いのがいるみたいですよ。

私は、2015年5月からメルカリを利用しているメルカリのヘビーユーザーである。wikiによるとフリマアプリ<メルカリ>のリリースは2013年7月のようなので、初期ユーザーの類に入ると思う。利用開始から約3年で400件以上の取引をしている。基本的に出品側での利用。入金された金額も100万円を超えている。一時期は、ハマり過ぎて、家の中にあるモノを片っ端から出品し、手間や利益に関わらず、売って売って売りまくっていた時期もある。自室の半分が、出品用商品と梱包材で埋め尽くされ、離婚の危機を迎えたこともある。(メルカリだけの問題ではない根深いものがあると思う。加えて、メルカリ狂いが、パートナーの不満を助長したことは事実である。)

さて、そのメルカリが先日、ついに上場(2018年6月19日)した。初値がいくら!創業者億万長者に!などの記事がにぎわっている。メルカリの株主ではない、ただのヘビーユーザーである私にとって、上場も億万長者も全く関係がない。cmが増え、無用なキャンペーンが増え、ユーザーが増え、出品が増え、なかなか物が売れなくなってきた。販売価格も下落傾向にある。cmもキャンペーンも結構だが、ブランド品については、特別扱い(本物保証、ネット上での査定など)してくれるようなサービスが欲しい。

その筋に詳しい友人から、メルカリよりもヤフオクよりも凄いマーケットプレスがあると聞いた。

シンガポールの会社が2015年にローンチしたフリマアプリの<shopee>
しょっぴー?しょっぺー?正式な発音もわからないが、ものすごく成長しているとの噂。

国内では19年目を迎えているヤフオクがうまくいけば今年には流通総額1兆円を超えそうだた、Shopeeはサービス開始3年目の今年の流通総額1兆円越えが確実視されているようだ。

私は、出張が苦手。当然、海外旅行も苦手なので、人の噂とネットや新聞からの情報ではあるが、メルカリよりもヤフオクよりも凄いのが世界(アジア)にいるようだ。

EC関連のキャリアに未来あり。
————————————————-
EC、通販関連の転職相談は【EC通販求人転職エージェント】まで